転売で早く結果を出す人は儲けることに直結する行動をする

転売 儲ける個人貿易で稼ぐ

スタートが異なるのと同じように結果も人それぞれ

今回は「結果が早く出る人・結果がなかなか出ない人」についてお話しします。

 

まずその前に、転売での「結果」とは具体的にどのようなことを指すのでしょうか?これは人によって異なります。

 

eBayから仕入れた商品がヤフオク!で落札されて、差額を得ることができたその瞬間。あるいは、その積み重ねで目標通りの収入をコンスタントに得ることができる状態。

 

会社勤め・家事との両立などの、さまざまな境遇の違いからスタート地点が異なるのと同じように、ゴールも人それぞれです。

 

副業で取り組んでいて会社での給料にプラス10万円の副収入があれば生活がうるおうので、それを達成したらよいと思う方。

 

または私のようにサラリーマンを卒業して独立開業の道を目指している方。

 

ゴールとして設定しているところは人それぞれです。

 

行動はスタートが異なっても誰にでも必要なもの

このように、人によって結果というものは異なるものですが、それに至るのに必要な行動を起こすかどうかが、結果を出せるかどうかに大きく関わっています。

 

行動は、スタート地点が異なっていても誰にでも必要な要素なのです。

 

行動は行動でも「儲けに直結する行動」のこと

結果がなかなか出ない方に共通することは、とにかく行動がともなっていないことです。

 

そんなことはない!自分は行動している!

 

このような声が聞こえてきそうですが、結果を出すのに必要な行動とは儲けに直結する行動のことです。

 

ノウハウコレクターはしなくてもよい回り道をする

ある転売ビジネスのノウハウを学んだ場合、仕入れた商品を販売して利益を確定させるところまで最後まで行動できているでしょうか?

 

「リサーチはこうやりましょう」とあるのに、「○○さんのリサーチが良いと聞いたぞ、よし、その方法もマスターしよう」と別のノウハウが気になったり・・・

 

「始めたばかりの段階ではヤフオクの評価が少ないので、とにかく最初は1円出品をしましょう」とあるのに、「効果的な出品方法のPDFファイルを手に入れたぞ、よし、これも一緒にマスターしよう」と違うノウハウを買ってみたり・・・

 

これまで私はサポート講師の立場で様々なご相談をいただきましたが、結果がなかなか出ないという方のほとんどがこのように、しなくてもよい回り道をしています。

 

いわゆる、ノウハウコレクターの通る道です。

 

ノウハウコレクターから脱出して初めて稼げるようになった
ノウハウコレクターから脱出するきっかけとなった教材が最後に購入した教材となって、以後は私のパソコンのデスクトップには情報商材が散らかっていくことはなくなったのです。

 

どうでもよいことが気になって、手が止まる

質問をいただくと、なぜか回答者である私も知らない無料レポートのPDFファイルを紹介され・・・

 

「この方法についてどう思いますか?」

「あの○○さんがおすすめしてる方法ですよ?」

 

このような感じで、「まず仕入れる、そして出品して利益を確定させる」という行動に結びつかないことで、質問や相談をします。

 

しかも、まだ起こってもいない未来に対して頭で先に考えることで手が止まっているのも、結果をなかなか出せない方の共通点です。

 

結果を早く出す人は儲けに直結する行動をする

では逆に、結果を早く出すことができる方はどのような共通点を持っているかというと、とにかく儲けに直結する行動をしています。

 

実際にやってみて表示されたエラーや送られて来た英文について、解決方法や対処法を質問しています。

 

私たちサポート講師が回答した後には、すぐにその方法を試して無事に問題を解決して、また一歩次の段階に進んでいるんだろうな、と容易に想像がつきます。

 

あなたは、どちらのタイプでしょうか?

 

あなたが既に転売ビジネスを始めている場合は、今回の話は耳が痛いでしょう。

 

あなたがこれから転売ビジネスを始めようとしている場合は、今回の話を教訓にして、まずはスタートを切ってみましょう。

 

結果がなかなか出ない人の言葉には共通点がある

最後に、あなたが「結果がなかなか出ない」とならないように、もうひとつ興味深い話をします。

 

これは少し成功哲学の分野にも関係のある話なのですが、「結果がなかなか出ない」という方の質問には「~できない」「無理」「失敗」「赤字」といったマイナスイメージの言葉が多く含まれています。

 

言葉には言霊(ことだま)が宿っているとも言われます。

 

自分自身でマイナスイメージを持つ否定語を普段からつかう言葉に含めていると、上手くいきかけていることも上手くいきません。

 

私は会社員時代の「上司や同僚の悪口であふれる飲み会」に慣れていたので、初めてビジネスセミナーの懇親会に出た時に、前向きな言葉が飛び交っていた様子に驚いたことがあります。

 

是非とも、意識して前向きな言葉をつかって日々を過ごしていきましょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました