あなたは自転車に乗るという行為を文字で説明できますか?

自転車自分の力で稼ぐ考え方

あなたは自転車に乗ることができますか?

 

何を言ってるんだ、当たり前だろう!

 

こう思った方が大多数だと思いますが、私の祖母は乗ることができませんでしたので、念のために聞いてみました。

 

では、自転車に乗るという行為を文字で説明してみてください。

 

・・・

 

これは、かなり難しいと思います。

 

・スタンドを跳ね上げる

・ハンドルを両手で握る

・サドルに跨(またが)る

・左右どちらかのペダルに片足を乗せる

・体の重心をペダルに集中させる

・ペダルを足で回転させる

・方向を変える時はハンドルを動かす

・止まる時はブレーキをかけて、片足を地面に着ける

 

どうですか?

 

文字で細分化すると、自転車に乗って走って止まるだけで、これだけの工程を行っていることになります。しかも、これらは無意識に行っていることです。

 

無意識で行っているからこそ、文字で説明することが難しかったのです。

 

「絶対に離さないで!絶対に離さないで!」

子供の頃にコマ(補助輪)がついていない自転車に乗る練習を、親と一緒にした思い出がある方は多いと思います。

 

子供が乗る自転車には、後ろのタイヤの上に荷台がついていますが、その荷台を親に持ってもらって

 

絶対に離さないで!絶対に離さないで!

 

このように、必死に親に訴えかけたかと思います。

 

そして、いよいよ親は荷台から手を離して、私たちは自分の手と足だけで自転車を操縦する段階に移ります。

 

無我夢中・困惑・不安・期待・・・

 

色々な心境が入り混じった複雑な気持ちで、自転車に乗って前に進もうとします。

 

しかし、少しも進むことができずに、自転車は大きな音をたてて横倒しになります。

 

再び自転車を両手で起こして、必死にサドルに跨って、もう一度ペダルをこぎ始めます。

 

やはり、また自転車は倒れます。

 

これを何度も何度も、それこそ日が暮れて夕食の時間になるまで、ひたすら繰り返します。

 

私の母が子供の頃に、家には大人用の自転車しかなく、大きな自転車で必死に乗る練習を親(祖父母)としたらしいのですが、大人用の自転車なので非常にこけやすく、道路脇のゴミ箱や電柱に何度も頭から突っ込んだそうです。

 

やがて、私たちの両手・腕・ひざ・すねは傷だらけになります。

 

それでも、何度も何度も自分からサドルに跨ろうとして、少しでも長い距離を進めるように必死で食らいつきます。

 

何日かこれを繰り返すことで、最終的に私たちは自転車に乗ることができるようになって、友達と一緒に遠出ができるようになります。

 

行動範囲が広がることで、子供の世界は広がります。それまで見えなかったものも、見に行けるようになります。

 

必死に親と自転車に乗る練習をしたことで、やがてその行為は無意識で行えるようになりました。

 

やったことのない者にすれば恐怖以外の何物でもない

インターネットビジネスでの取り組みも、これと全く同じです。

 

海外から商品を購入したり、自分の文章をブログに書いて公開することなんて、やったことのない者にすれば、恐怖以外の何物でもない行為です。

 

初めてリサーチをした時は、一日中パソコンとにらめっこしても、一つも商品が見つからないこともザラです。

自分の言葉で書いてみようと、書いては消して、また書いては消して、結局何も書けなかったことなんて、日常茶飯事です。

 

最初から、コマが付いていない自転車に、こけることなく颯爽と乗ることなんてできません。

 

誰もが、誰かに手伝ってもらいながら、こけまくり、傷つきながら少しずつ進むことができる距離を増やします。

 

勇気を持って、サドルに跨ろうという意志や、こけても泣かずにペダルをこぎ続ける意志がないと、いつまでも自転車に乗ることはできません。

 

今、インターネットビジネスへの取り組みが

 

自転車に乗ってみようと思った

とりあえずサドルに跨ってみた

自転車を何度も倒している状態

やっと荷台から親の手が離れた

カーブに差し掛かると、こける

 

このように、皆さんそれぞれ色んな段階にいるかと思います。

 

傷だらけになっても、それでも毎日取り組みましょう。

 

いつの日か、あなたは自転車を颯爽と駆り出して、まだ見ぬ世界を見ることができます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました