ミスタージャイアンツのプロ入り初打席の成績を知ってますか?

長嶋茂雄個人貿易で稼ぐ

長嶋茂雄さんをご存知でしょうか?

 

スポーツやプロ野球に全く興味のない方でも、名前だけは聞いたことがあると思います。

 

ジャイアンツが9年連続優勝を達成した時期、いわゆる「V9」の時代に、王貞治さんと共に活躍した
「ミスタージャイアンツ」と呼ばれる方です。

 

引退セレモニーの際に「わが巨人軍は永久に不滅です!」と話すVTRはその後、何度もテレビで放送されました。

 

では、実力も人気も兼ね備えた、そんなスーパースターの「プロ入り初打席」の成績はご存知でしょうか?

 

これはプロ野球に詳しい方しか知らないと思います。

 

なんと、三振です。

 

しかも、その後の3打席全てが「三振」で、プロデビュー戦は、なんと4打席連続三振!という結果に終わったそうです。

 

輝かしい栄光を誇る名選手のデビュー戦の成績は、このような散々な結果だったのです。

 

絶対に失敗できないという「恐れ」

次のようなご相談を、それはもう頻繁にいただきます。

 

リサーチを続けていますが、まだ仕入れの決断ができません。

赤字を出したらどうしよう、と思うとなかなか仕入れられません。

最初の一歩が怖くて踏み出せません。

 

仕入れる決断ができない気持ち、痛いほどわかります。

 

その気持ちの根底にあるのは、絶対に失敗できないという恐れです。

 

中には退路を断って、個人貿易ビジネスに取り組んでいる方もいます。

 

その場合は、失敗できないという「恐れ」が、大きくブレーキをかけることになります。

 

最初に輸出入して販売する商品は何でも構いません。最初の一歩が、不安な気持ちを和らげるものです。

 

仕入れた結果、それが赤字を出すことになっても構いません。

 

ただ、致命傷にならないように、資金を目一杯仕入れに回すようなことだけは避けて、「何か一商品」を試験的に仕入れて販売してみましょう。

 

最初に仕入れた商品で、大振りの三振になっても大丈夫です。命までは取られません。

 

次回以降の仕入れをする際には、バッティングフォームの見直しをするように、リサーチや販売方法の見直しをすれば良いのです。

 

何らかアクションを起こした後の事後相談が大切

人間、やったことのないこと・見たことのないものには恐怖を感じて当たり前です。

 

ノウハウを学んだだけでは、それを十分に活かすことはできません。

 

自分の手で最初のアクションを起こすことで、恐怖心はやわらいで、しっかりと結果の分析もできます。

 

目標を達成して卒業した方々に共通していること、それは、人一倍の行動力と実践があったことです。

 

その方々の最初の質問は、ほぼ全員が何らかアクションを起こした後の事後相談でした。

 

そして、何度も何度も質問のやり取りを繰り返すことで、自身の仕入れのスタイルを確立しました。

 

もしあなたも、仕入れるべきかどうかで悩んでいるのであれば、まずはその直感を信じて「何か一商品」を仕入れてみましょう。

 

商品を仕入れて販売した何かしらの結果が出れば、私たちサポート講師は適切なアドバイスをするとができます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました