会社を退職して独立しても忘れてはいけない気持ちとは?

会社 を 退職 読者の方からのお便り

来年中に会社を退職することに決めてしまいました

ブログ読者の方からいただいたお便りをご紹介します。

 

本日も素晴らしい記事をありがとうございます。

毎日楽しみに拝見しています。

私もお尻に火がつかないと動けないような性格なので共感する部分が沢山ありました。

本日は、ひとつ報告があります

宅間さん、私は来年中に会社を退職することに決めてしまいました。

出来るかどうかは分かりませんが、もう決めました!

といいますか、上司との面談でもう言っちゃいましたw

後には、もう、引けないです。

私は輸入ビジネスを始めて11カ月になります。

その中で多くの稼げる方に会ってきましたが一番好印象を持っているのが宅間さんです。

なんでか?と問われれば真面目で誠実な性格だと思います。

私は最終的な目標は貿易を行うことです。

日本には世界に誇れる商品が本当に多くあります。

それをお届して喜んでもらいたいです。

その為にはまずは輸入で結果を出したいと思っています。

勝手な宣言、大変失礼いたしました。

尊敬できる実践者の宅間さんに宣言することで自分自身を追い込むという意味もあります。

ですので、返信は不要です。

また、ブログの感想を書かせて頂きたいと思います。

寒くなってきたのでお身体はご自愛くださいませ。

 

あの日が昨日のことのように思い出されました

このお便りを見た瞬間・・・私自身が上司に退職を切り出した、あの狭い会議室での風景が眼前によみがえりました。

 

もうすぐ8年になろうとする、あの日が昨日のことのように思い出されました。

 

緊張・不安・期待・爽快・焦燥・・・あらゆる気持ちが複雑に入りまじった、なんとも表現しがたい心境でした。

 

この方も同じ気持ちで大きな決断をしたはずです。その気持ちが痛いほどわかります。

 

自営業の道を選択したことを後悔したことがない

会社を退職することで組織を離れて、自営業の道を歩むことがあらゆる生き方での最良の選択とは限りませんが、私自身はその道を選択したことを、一度たりとも後悔したことはありません。

 

日々のブログ記事は、あなたの目の前で私自身の気持ちを正直に伝えているかのように、自分自身の体験談、時にはたとえを引用して書いています。

 

ブログで書きたいことは尽きることなく、これまで情報発信を始めるきっかけがなかった私にとって、記事の更新はあなたと繋がる大切なものとなっています。

 

ご自分にとって最良の道を選んでいただければ満足

2012年8月25日に東京ビッグサイトで開催された「物販ビジネス大サミット2012」をきっかけに、私の存在を知っていただく機会に恵まれましたが、かかわった方全員に自分で納得できる道を選択してもらいたいと願っています。

 

たとえ、それが数十人あるいは数人であっても、生活の糧(かて)と割り切って自分自身を殺して組織に縛られてしまい、自由を忘れてしまった人々に自分にとって最良の道を選んでもらえたら、私はそれで満足なのです。

 

先にお祝いの言葉をお送りします!

今回、自分で期限を切って、新たな道を歩むという勇気ある決断をして私に向けて決意表明を送っていただいたことに大きな拍手と共に、先にお祝いの言葉を送ります。

 

おめでとうございます!

 

退職後の成功は間違いありません。私が保証します。

 

私は最終的な目標は貿易を行うことです。

日本には世界に誇れる商品が本当に多くあります。

それをお届して喜んでもらいたいです。

その為にはまずは輸入で結果を出したいと思っています。

 

お客様に喜んでもらえるビジネスは必ず発展します。

 

この気持ちを忘れなければ、退職後の成功は間違いありません。私が保証します。

 

自分自身の利益を考える前に、商品を手に取ったお客様が喜ぶ顔を先に想像できるようになれば、利益はあとからついてきますし、まわりの人もそういった人を応援したくなるものです。

 

この気持ちを忘れないようにしましょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました