ヤフオクもeBayもタイトルの作成には時間をかけよう

ヤフオク タイトルヤフオク!で稼ぐ

eBayで商品を探していると、見慣れない略語が書かれているのを見たことがありませんか?

こんな感じの略語です。

eBayでは、商品のタイトルに入力できる文字数が長い間「55文字」だったのですが、2011年の9月から「80文字」まで入力できるようになりました。

文字数制限がゆるくなったので、入力したい文字はほとんど入力できるようになったにもかかわらず、これまでの習慣通り、タイトルに略語を好んで使用するセラーは多いです。

ときには、「これ、絶対自分しか使わない略語だろうな」と思われる謎の略語を見かけることもあります。

ここを見つけたあなたへの特別な扉?

2012年10月から運営している輸入ビジネスのコミュニティ「個人貿易倶楽部」がリニューアルしました。今なら1ヶ月無料で儲かる商品100個を見たり、輸入ビジネス実践者が集う交流の場に参加できます。(クレジットカードの登録は必要ありません)1ヶ月後にログインできなくなるので、勝手に何かが引き落とされることは絶対にありません。あなたが心配なことは全て取り除いておきました。

商品のタイトルに謎の略語をみつけたらココを確認しよう

この見慣れない謎の略語についてのご質問をいただきました。

「1996-1997 FENDER STRATOCASTER ELECTRIC GUITAR TEAL MADE IN MEXICO w/Gig Bag」

この「w/」ってどういう意味でしょうか?

 ご質問ありがとうございます。

それでは、この記号についてお答えしますね。

eBayでは、ヤフオク!と同じように商品タイトルに入力できる文字数が決まっているので、様々な略語が使われます。

この「w/」は「with」という意味つまり「w/Gig Bag」は「with Gig Bag」(Gig Bagが付いている)という意味です。

ちなみに、良く見かける略語は他に・・・

・W/O「without」~のない状態

・MIB「mint in box」箱に入った比較的状態のよいもの

・NWT「new with tag」タグつきの新品

・S/H「shipping and handling」送料と手数料

・BIN「buy it now」即決価格

このようなものがあります。

下記のeBayのリンクにもっと多くの略語がありますので、参考にしてください。

eBay acronyms

また何かありましたらお気軽にご質問ください!

見たことがない略語を発見した時は、とりあえず「eBay acronyms」を調べてみましょう。

eBay Customer Service
Find answers to your buying, selling and account questions, or contact us for more help.

タイトルは出品者と落札者とを唯一つなぐもの

さて、質問での例はeBayでの商品のタイトルでしたが、ヤフオク!で売って稼ごうという方にとっては、自分が出品するときのヤフオク!での商品のタイトルに関心があると思います。

商品のタイトルは、私たち出品者と落札者とを唯一つなぐ非常に重要な文字列です。

あなたが出品した商品のアクセスが少ない理由

あるヤフオク!の参加者がヤフオク!の膨大な出品物からお目当ての商品を検索で探すときに、検索窓に入れた言葉が商品のタイトルにかすりもしなければ、せっかく出品した商品を見つけてもらうことができません。

「これが最後のチャンス!」「超豪華」「美術館級!!!」などと、関係のない文字を商品のタイトルに入れたとしても、これらの文字を参加者が入力欄に入れるとは思えません。

あなたがヤフオク!に出品した商品のアクセス数が異様に少ないのは、検索してくれる人のことを考えたタイトルにしていないことが原因です。

タイトルを見直してみましょう。

きっと、関係のない文字は入っていても、検索されるであろう文字が入っていないはずです。

タイトルの作成は上手な人から学ぶ

ヤフオク!で出品するときにつける商品のタイトルについて最も参考となるものは、オークファンでの過去履歴を見て、より多くの入札を集めた・高く売れた商品タイトルです。

そのまま拝借するのではなく、全てのキーワードを盛り込みながらも、順番を入れ替えて配置を工夫しておきましょう。

私はこれまでのブログ記事で、商品説明にはそれほど力を入れなくてもよいとあなたに話しましたが、商品のタイトルの作成には、過去履歴を参考にしてたっぷりと時間をかけていただきたいと思っています。

ヤフオクで出品する時に商品説明はどこまで必要なのか?
eBayで商品を仕入れてからヤフオク!に出品する時に書く、商品説明をどこまで書けばよいのか?「本当に必要な情報」それは、出品されている商品の商品名・大きさ・重さ・発送方法(送料)・支払い方法だけです。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました