夏休みの宿題を8月31日にやる私が目標を達成できた理由

火事場の馬鹿力 自分の力で稼ぐ考え方

人間、追い込まれると、とてつもない力を発揮するものです。

 

せっぱつまった状況におかれると、普通では考えられないようなとてつもない力を発揮することを、俗に火事場の馬鹿力というのを、あなたもご存知かと思います。

 

夏休みの宿題を8月31日付近にやる派でした

全く自慢できる話ではありませんが、夏休みの宿題を8月31日付近にやる派でした。

 

絵日記は、「こんなものかなー」と適当に天気を書いておいたり、両親に泣きついて絵を描くのを手伝ってもらう、そんな子供でした。

 

友達が早々と宿題のドリルを片付けたり、課題の工作を7月中に完成させる様子を、信じられないという心境で見ていました。

 

今思えば、私のようにまとめて大量の宿題を一気に片付けるというスタイルの方が、信じられないと思います。

 

私のようなやり方をしていた方は、きっと多いのではないかと淡い期待を込めていますが、あなたはどうでしたか?

 

切羽詰まらないと動かない性格を逆手に取る

8月31日付近の世の中の小中学生には、まさに火事場の馬鹿力が宿っていたはずです。

 

このようなやり方に味を占めた私は、高校生そして大学受験生になってもそのスタイルを貫き通すことになります。

 

同級生の「どうしよう、全然勉強してないわー」という言葉を真に受けて、自分も勉強をせずに中間・期末テストに臨んでみると、勉強してない「はず」の同級生は満点近くを叩き出しているのを尻目に、私は赤点で夕暮れの校舎に毎回残されていました。

 

このようなエピソードが物語る通り、良く言えば素直、悪く言えば間抜けな私ですが、会社員から脱出する時には、これまでの弱点であったせっぱつまらないと動かない性格を逆手に取って、自分自身に火事場の馬鹿力が宿るように仕向けました。

 

締め切り効果を狙ったわけです。

 

心の底から燃え上がるものはありますか?

自分の人生において、自ら締め切りを設けて、その期限までに目標を達成しないといけない状況を
作り出すことで、普段では考えられない集中力を得ました。

 

年に1,500円しか昇給しない給与体系や、殺伐とした職場での居心地の悪さも私のお尻に火をつけてくれ、半年を目論んでいた計画は3ヶ月の前倒しで達成されました。

年俸制なのにボーナスがない私が思わずやっちゃったこと
「年俸制」とは多くの場合、年俸総額を12で割った金額が毎月の給与として支給され、ボーナスはありません。世界的大手企業の「年俸制」では、総額を17で割ってボーナスに相当するものを支払っているところもあるそうです。

 

先日の記事「お勧めの本について」にてご紹介した書籍「信念の魔術」に書いてあったように、達成したい目標を大きく紙に書いてパソコンの周りの壁やトイレ、あらゆる場所にそれを貼り付けておきました。

あなたに読んでもらいたいお勧めの本について
これらの自己啓発書を読む時の注意点ですが、書かれている国や時代背景が異なるので、今の自分の状況に置き換えてみる姿勢が大切です。書かれている内容から普遍的なことを読み取って、あなたの状況に当てはめてみることです。

 

受験生が「目標 ○○大学合格!」と壁に紙を貼るのと同じやり方をしました。

 

現状に満足していると、なかなか目標に向けて努力をしないのが人間ですが、あなたにも思うところがあるならば、密かに抱いている希望・目標・野望を試しに紙に書いて、壁に貼り付けてみてはいかがでしょうか。

 

その紙をじっと眺めて、心の底から燃え上がるものがあれば、何から取り組めば良いかが自然と見えてくるはずです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました