やる気がなくても強い意志さえあれば副業は続けられる

強い 意志副業

すごいやる気だ

今日はどうもやる気が出ないなー

やる気を出すにはどうしたらいいのか?

 

何かものごとを進めようとするときに、必ずこのやる気について考えますよね。

 

副業をはじめようと意気込んでみたものの、やる気が続かない人・・・多いんじゃないでしょうか?

 

今日はそんなやる気が出ない・続かないあなたでも、副業を続けることができる方法について書いてみます。

やる気なんてなくても副業は続けられる

モチベーションには二種類ある

やる気はモチベーションという言葉でいいかえることもあります。

 

モチベーションとは、人が目標に向かって行動してそれを維持するときに語られる言葉です。

 

専門的な考え方では、このモチベーションは自分の中から発せられる内発的なものと、自分以外に影響を受ける外発的なものがあります。

 

あなたが副業に取り組もうと目標を立てたときに、自分自身の中からわきおこるやる気を維持して、目標に向かってまい進しているのか、あるいは誰かの言葉に影響を受けたりして、やる気を維持しているのかについて少し考えてみましょう。

 

やる気だけで行動を継続させることはむずかしい

出発点が誰かのセミナーや言葉に影響をうけて何かしらの目標を立てた場合であったとしても、最終的には自分自身からわきおこるやる気を維持しているのではないでしょうか?

 

それでも、日々のサラリーマン生活や家事・子育てが忙しすぎて、やる気があっても時間的な余裕がないときがあります。かつての私もそうでした。

始発出勤・終電帰宅でも個人貿易で目標を達成できた秘密
誰が言い出したかわかりませんが、「明日やろうは馬鹿野郎」という名言もあります。「明日やればいいや」と、今できることを先延ばしにすると、その明日にやって来るのは自分で自分を責める「後悔」しかありません。

 

勤務が終わってからの時間的な余裕がない状態で、睡眠時間をけずったり、休みの日のプライベートな時間を副業への取り組みにあてていました。

 

私がそのときに考えていたことは、やる気があっても、それ以上に外的な要因で自分の行動を維持できないときもあるということです。

 

炎のような強い意志を持ち続けた

では、どうやって日々の取り組みをやり続けるように、自分自身をコントロールしていたのでしょうか。

 

私の心の中には、決して消えることのないものがありました。

 

たとえるならば、いつも心に静かに燃える炎のような、メラメラと燃え続けるものがあるイメージです。

強い 意志

 

これはやる気ではなく強い意志です。

 

強い意志は自分で消さない限り消えない

やる気は外的な要因に影響を受けますが、強い意志は常に心で燃え続けて、決して消えることはありません。そう、自分自身で消してしまわない限り。

 

クレーム対応をしているとき

イヤミな上司に説教されているとき

通勤電車の中

会社の休憩時間中

 

こういったときにも、私の心で燃え続けている強い意志を消さないように維持していました。

 

会社への不満も、強い意志を燃やし続ける素晴らしい燃料となりましたね。

 

もし、サラリーマンとしてすごす現状に満足していたら、強い意志の炎は簡単に消えていたことでしょう。

 

あなたの強い意志をゆっくりと燃やし続けよう

あなたも現状を変えたい・もっと暮らしに金銭的なうるおいが欲しい、という明確で強い意志があったからこそ、今の取り組みを始めたり始めようとしているはずです。

 

必要なのはやる気そのものではなく、明確な目標に向かっている強い意志です。

 

心をのぞいてみて、あなたの明確な強い意志を感じてみましょう。あとはそれをゆっくりと燃やし続けるだけで大丈夫です。

 

これで、やる気が出る出ない、続く・続かないで一喜一憂することなく、副業を続けることができます。私が保証します。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました